【実は簡単】リード文の書き方

リード文が重要って聞くけど、リード文って何?

せぶん

リード文とは、記事の冒頭文のことだよ。
記事を最後まで読んでもらうためにはにリード文は重要な役割を担っているんだよ。

今回はブログで重要な、リード文の書き方をご紹介します。

読者は記事タイトルを見てクリックし、記事を読み始めます。

タイトルの次に読むのがリード文ですね。

ブログにおいて、リード文は重要です。しかし、あまり気にしていない方も多いのではないでしょうか?

今、あなたが読んでいるココがリード文です。

リード文が魅力的なら次へ次へとスクロールして記事を最後まで読んでもらうことができます。

リード文の役割

下記の3つを意識すると、読まれるリード文が完成します。

  • 記事の内容を把握してもらう
  • 興味をひく(読み手に共感してもらう)
  • 読み手の未来を示す
目次

リード文が重要な理由

  • 最後まで読むかどうか判断される大事な導入部分だから
  • 離脱されると、SEOに影響するから
  • リード文を意識する人が実は少ない(差別化できる)

一つずつ解説していきますね!

最後まで読むかどうか判断される大事な導入部分だから

ブログにおけるリード文は、ターゲット(読者)がその記事を読むかどうか判断する入口になります。

ブログ記事の冒頭でどんな内容の記事なのか?が把握できると読み進める前の心の準備ができます。

この記事を読んでいる方は、スマホの縦スクロールで見ていますよね?

雑誌とは違い、広げて見れないため冒頭のリード文は入り口となります。

そのため。リード文で読み手の共感を得る必要があるのです。

リード文は、このまま読み続けるかどうかの判断材料となる部分です。

離脱されるとSEOに影響するから

リード文で読者の共感を得られないと、最後まで読まれる事無く離脱が高まってしまいます。

結果として、ターゲット(読者)に価値のないページと判断され、SEOの評価を落としてしまうのです。

ターゲット(読者)が記事を読み進めていく為には、「自分に有益な記事だから、この先も読みたい」と思ってもらう必要があります。

ターゲット(読者)の共感を得られるリード文を書き、最後まで読んでもらえるようにしましょう。

リード文を意識する人が実は少ない(差別化できる)

リード文を意識している人は実は少ないです。

リード文を意識するだけで、同じジャンルを書いている競合(ライバル)よりも読む価値があると読み手に伝えられます。

読者が読んでくれるリード文の書き方

リード文は難しいようで、実は簡単です。ポイントは読み手の気持ちをつかみ、共感してもらうこと。

  • 読み手への共感と問い(悩みの明確化)
  • 解決策を提示(得られる気付き)
  • 読み手の未来を示す(最後まで読んでもらうための後押し)

こちらも一つずつ解説していきますね!

読み手への共感と問い(悩みの明確化)

リード文では、読者の悩みに答える姿勢が大切です。

なぜなら、共感を得ることで、読み手に聞く姿勢を持ってもらうことができるからです。

本記事で言うと、下記が該当します。↓

ブログにおいて、リード文は重要です。しかし、あまり気にしていない方も多いのではないでしょうか?

共感は読み手に、最後まで読んでもらうための入り口です。

リード文を書く前に、読者に入口に入ってもらうことを思い出して書くようにしましょう。

解決策を提示(得られる気付き)

読み手が抱えている悩みに共感できるようにリード文を書いたら、「本記事でその悩みを解決します」と伝えましょう。

リード文では、

  • 本記事を読めば解決できること
  • その解決策の提示

上記2つを意識しましょう!

具体的な解決策があることを、リード文で伝えるようにしてください。

また、記事の全体像をイメージしてなどんなことが説明してある記事なのか?をわかりやすく表現することが大事です。

読み手の未来を示す(最後まで読んでもらうための後押し)

最後は、読み手に対して「悩みを解決して、得られる未来をみせること」です。

悩んでいる読者に、共感+解決策を示す=どうなるかまでをセットで書きます。

読み手にこの記事を読むとどうなるかという未来を示すことで、「意識してみようかな、行動してみようかな」と思ってもらい、行動をうながす効果があります。

リード文では、最後まで記事を読んでもらえるよう行動を促す後押しとなる一言を入れましょう。

リード文の型

  • ターゲット(読者)の悩みを示す
  • 課題の解決方法を示す
  • 得られる未来を示す

本記事を内容を元にに下記で型をご紹介します。

ターゲット(読者)の悩みを示す

課題の解決方法を示す

得られる未来を示す

上記のような流れです。

書く内容によって使い方は変わるので、応用しながら使ってみてください。

まとめ

今回は、読まれるリード文の書き方について説明してきました。

・記事の内容を把握してもらう
・興味をひく(読み手に共感してもらう)
・読み手の未来を示す

上記3つを意識すれば、読まれるリード文が完成します。

すぐに実践できる内容なので、応用しながら是非使ってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる