【Twitter】シャドウバンとは?確認と解除方法、気をつけるポイント

Twitterでよく聞く「シャドウバン」って何?
自分がシャドウバンになっていないか確認する方法を知りたい。

せぶん

本人が気づかないうちに制限がかかってしまうシャドウバン。
今回はシャドウバンについて解説するよ!

Twitterを使っていると、なぜか通知が届かなかったりすることがあるかと思います。

もしかしたら、シャドウバンという現象が起きている(ペナルティが課せられている)かもしれません。

今回はTwitterのシャドウバンとはなにか、確認方法から解除方法まで解説していきます。

本記事を見れば、シャドウバンのチェック方法から、具体的な対策が分かります。

目次

Twitterのシャドウバンとは?

Twitterのシャドウバン(ShadowBan)とは、Twitter運営にとって望ましくないことをしたユーザーへ与えられる「一時的なペナルティ(ミュートされること)」と言われています。

シャドウバンされてしまっている状態に、ユーザー自身が気付きにくいことから、シャドウ(影)バン(禁止)と呼ばれています。

シャドウバンされるとタイムラインに表示されなくなり、ゴースト状態になってしまうのです。

「最近いいねや、リプが少なくなった気がする…」

「フォロワー数が伸びなくなったな気がする…」

厄介なのが、ユーザー自身の自覚としては上記のような感じなので、シャドウバンの存在すら知らないままTwitterを続けてしまう人もいます。

アカウント凍結がツイッターにもありますが、それよりも軽いペナルティがシャドウバンです。

Twitterのシャドウバンの種類

Twitterのシャドウバンの種類は以下の4つです。

  1. Ghost Ban (ゴーストバン)
  2. Search Ban (サーチバン)
  3. Reply Deboosting(リプライ デブースティング)
  4. Search Suggesting Ban(サーチサゲスティングバン)
シャドウバン   程度  リプライ
Ghost Ban (ゴーストバン)   重い    ○
Search Ban (サーチバン)   重い    ×
Reply Deboosting(リプライ デブースティング)   軽い    ○
Search Suggesting Ban(サーチサゲスティングバン)   軽い    ×

上記のペナルティを1つずつ説明していきますね。

① Ghost Ban (ゴーストバン)

Ghost Ban (ゴーストバン)は、リプライが第三者から見れなくなります。

AさんとBさんがリプしているのを、Cさんは見ることができなくなります。

AさんとBさんにしか見えなくなります。

文字通り、Ghost(幽霊)の状態になってしまい、フォローしても相手のタイムラインに表示されなくるのです。

② Search Ban (サーチバン)

Search Ban (サーチバン)になると、Twitterの中で検索をかけても、検索結果にツイートが表示されなくなります。

ハッシュタグ(#)をつけてツイートしても、そのハッシュタグで検索した結果には表示されません。

Twitterで集客したい、フォロワーを増やしたい人には辛いバンです。

③ Reply Deboosting(リプライ デブースティング)

Reply Deboosting(リプライ デブースティング)は自分のリプライが第三者から見れない状態です。

リプをしてもこのツイートは表示できませんと表示されてしまいます。

④ Search Suggesting Ban(サーチサゲスティングバン)

Search Suggestion Ban(サーチサゲスチョンバン)はシャドウバンの中でも最も軽いバンです。

Twitterで検索をかけた時の、検索順位が下げられます。

また、ツイートが不適切と判断されセンシティブな内容を含むものを表示しないと設定しているアカウントにはツイートが表示されなくなります。

Twitterのシャドウバンに該当する行為

シャドウバンになってしまう原因はいくつかあります。

大半の原因は「Twitterのポリシー」への違反が大きいです。

例えば、botのようにリプライを送信しまくる、ハッシュタグの使いすぎなどが該当します。

・内容が同じまたは似ているツイートを繰り返し投稿。
・特定のトレンドトピックやハッシュタグの乱用。
・ツイートや返信の送信を自動化する。
・複数のアカウントで同じような文章を投稿。
・フォローとフォロー解除を過剰に行う。
引用元:Twitterルールとポリシー

上記は、シャドウバンに該当する行為です。

このような行為が見つかると、検索結果から自動で除外または凍結されてしまいます。

シャドウバンの確認方法

自分のTwitterアカウントがシャドウバンになっているかどうかを確認する方法があります。

shadowban.eu」のサイトで無料で調べることができます。

@の後ろに調べたいTwitterアカウントを入力し、「CHECK」をクリックすると下に結果が表示されます。

自分のアカウントで試してみました。

上記のように緑色のチェックマークになっていれば、正常に機能しています。

反対にシャドウバンになっている項目は、赤色のマークが表示されます。

シャドウバンの解除方法

解除する方法を試したからと言って、必ず効果が出るわけではありませんが解除方法もご説明します。

  1. 解除されるまで時間を置く
  2. Twitterサポートへ報告する

① 解除されるまで時間を置く

シャドウバンを解除するには時間を置くことが一番オススメです。

なにもせずに放置しましょう。

シャドウバンになってから、1日〜1週間放置していれば回復する人が多いです。
※希にもっと長い期間、回復しない場合もあります。

シャドウバン中にツイートやリツイートを繰り返したりしていると、Twitter運営側が不適切だと判断されてしまいます。

その場合はシャドウバンの期間が延びたり、最悪の場合アカウント凍結に繋がります。

なので、我慢して放置するようにしましょう!

② Twitterサポートへ報告する

「時間を置いたけど解除されない…」という方はサポートセンターへ報告するのがオススメです。

Twitterヘルプセンター(外部サイト)へ連絡しましょう。

送信内容は自分のアカウントが検索に表示されない・ツイートが表示されないと明記するだけでOKです。

ヘルプセンターから数日で返信が来るので、それまでは我慢して放置しておきましょう。

シャドウバンにならないための対策

最後に、シャドウバンのペナルティにかからないための対策をご紹介します。

  1. ハッシュタグを乱用しない
  2. 同じツイートを連続投稿しない

① ハッシュタグを乱用しない

同じハッシュタグを連続で使うことでシャドウバンになったと聞いたことがあります。

そのため、同じハッシュタグを連続して使用しないのがおすすめです。

同じハッシュタグを多用しないよう気を付けていきましょう。

同じツイートを連続投稿しない

同じツイートが続くとシャドウバンになることがあります。

なぜなら運営会社がbotと判断するからです。

企業アカウントに多いようですが、個人アカウントが普段通りに使う分は問題はないようです。

まとめ

シャドウバンは自分では気づきにくいものなので、少しでもツイートの反応が悪いなと思ったら調べてみてくださいね。

シャドウバンにならないようにTwitterのルールを守って、楽しく運用していきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる